2018年 10月 22日 (月)

アジアに広がる「ドラえもん」人気 インドネシア・タイ・マレーシア・香港で1位

印刷

   東南アジアで人気の日本のキャラクターが明らかになった。

   アジア地域のコミュニティサイト「FUN! JAPAN」を運営する「Fun Japan Communications」は、香港・インドネシア・マレーシア・台湾・タイのアジア5か国・地域におけるキャラクターグッズについて調査した。

  • 東南アジアで人気のドラえもん(2016年9月撮影)
    東南アジアで人気のドラえもん(2016年9月撮影)
  • 好きなキャラクターランキング
    好きなキャラクターランキング

台湾では「ジブリ」も人気

   Fun Japan Communicationsは2018年3月22日~6月30日の期間、各国のFUN! JAPAN会員3336人を対象にオンラインアンケートを実施した。

   好きなキャラクターで1番多かったのは「ドラえもん」で、インドネシア・タイ・マレーシア・香港では1位、台湾では2位を獲得した。インドネシアでは82%の人が「ドラえもんが好き」と答えている。

   2位以下は分かれた。インドネシアでは「セーラームーン」と「ポケモン」が同率2位、タイは2位「リラックマ」、3位「ハローキティ」、マレーシアは2位「ポケモン」、3位「ドラゴンボール」、香港は2位「となりのトトロ」、3位「ポケモン」だった。

   台湾では「となりのトトロ」が74%でもっとも多く、次いで2位が「ドラえもん」、3位が「ワンピース」という結果になった。発表資料によれば、台湾の人はスタジオジブリの作品全般が好きだという。2016年にはジブリの展覧会が開かれたほか、「千と千尋の神隠し」の舞台に似ているとして、北部にある九フェン(「フェン」は、にんべんに「分」)という街が観光スポットとして人気を博している。

家じゅうが「ドラえもん」の家庭も

   インドネシアでは、大の「ドラえもん好き」が高じて、家の中がドラえもんだらけの「ドラえもんハウス」を建ててしまった例もある。

   4万人以上のフォロワーを持つアカウント「reghinakarwur」さんの投稿は、ほとんどがドラえもんで埋め尽くされ、並大抵ではない「ドラえもん愛」が感じられる。reghinakarwurさんの自宅はキッチンから子ども部屋、ベッドルームまでドラえもん一色だ。

   reghinakarwurさんの家は日本だけでなく、海外メディアにも取り上げられている。大好きなキャラクターに囲まれながらの生活、「推し」のキャラクターがいる人にとっては憧れなのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中