2020年 11月 28日 (土)

インスタ中心の生活「もうクタクタ」 1枚撮ったら1時間加工、旅行にでも行ったら...

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

フォロー外されて友人関係に悩む

【インスタバテその5:「いいね」返し疲れ】

   「インスタって『いいね』されたら、『いいね』を返さないといけないような見えないルールがあるから、それに疲れます」と、「いいね」返しに気疲れしているのは、フリーターのSさん。本当は「いいね」と思っていない写真でも、いつも「いいね」してくれるから、社交辞令で返しておこうと思うギャルも多いようです。

【インスタバテその6:フォロー解除疲れ】

   「仲良い友達にリムられて(フォローを外されて)、ショックでした」と、フォローを解除されたことで友人との関係性に悩んでしまったのは、JK3年のKさん。最近では、誰がフォローを外したか分かるアプリで、逐一、そのリストをチェックしているギャルいるとか...。また、リムられたら、リムバ(リムーブ返し)するか迷うといった意見もありました。

【インスタバテその7:加工疲れ】

   「1ポストするのに加工で1時間は掛かるから、旅行とか行ったら逆にめっちゃ大変」と、加工疲れに葛藤するのは、インスタグラマーのTさん。インスタはただただ写真を投稿すればいいのではありません!写真の世界観や統一感が重要なことから、揃った色味になるまで寝る時間を惜しんで投稿することもあるようです。

【インスタバテその8:DM疲れ】

   「知らないメンズからデートの誘いや、卑猥な写真が送られてくることもあるので不快な気持ちになる」と不快感を露わにしてくれたのは、人気インスタグラマーのNさん。1万人以上のフォロワーを持つインスタグラマーになると知らない人から多数のDMが勝手に送られてくることも...。「何だろう?」と開いてみると男性の下半身の写真が送られてきたりすることもあることから、精神的に苦痛に感じてしまうようです。


   以上、ギャル達の「インスタバテ」8選はいかがでしたか?

   自分の好きなことを発信したり、世界中の人とコミュニケーション出来ることが強みのインスタですが、その裏には見えないプレッシャーがあったりと、いつの間にか自身の負担になっているギャルも増えているようです。

   あくまでも生活の補助的ツールぐらいに考えながら、上手く付き合うのが良さそうです。

grp編集長・安部舞紗

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!