2018年 10月 23日 (火)

クーペのように流麗なデザイン ルノー・スポール監修の限定車

印刷

   ルノー・ジャポン(横浜市)は、限定車「ルノー ルーテシア GT-Line」を2018年9月13日に50台限定で発売した。

  • スポーティーかつ上質なエレガンスを感じる1台
    スポーティーかつ上質なエレガンスを感じる1台

50台限定、スポーティーで上質なエレガンスさ

   ルノー ルーテシアは、発表資料によると5ドアでありながらクーペのように流麗なデザインや、ロングドライブでも楽しく快適な走行性能が特徴。フランスでは17年販売台数1位に輝くなど高い評価を得ているモデルだ。

   モータースポーツのノウハウを取り入れたスポーツモデルを開発しているルノー・スポールがデザインを監修。

   専用バンパー、R.S.リアスポイラー、専用アロイホイールは、躍動感を与えるエクステリアデザインになった。また、ブルーの「GT-Line」ロゴが刺繍された専用ファブリックシート、ブルーエアコンベゼル、ブルーステッチ付レザーステアリング・レザーシフトノブ、アルミペダルなど、ブルーがアクセントになったインテリアは、スポーティーで上質なエレガンスさを感じさせてくれる。

   全国のルノー正規販売店で取り扱う。

   価格は244万円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中