2019年 10月 20日 (日)

クリープハイプ、10代女子に響く
尾崎世界観の「世界」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

   この10年ほどだろうか、若い音楽ファンの間でしきりと使われている言葉がある。

   対象になるのは歌詞だ。

   世の中や社会の捉え方、人生観や恋愛観、テーマが何であれ、一味違う個性的な表現をスタイルにしているバンドやアーティストをこう評する。

   「世界観がいいよ」

   当初は誉め言葉として使われ始めたものの、その一言で終わってしまうという傾向も生まれてくる。みんなからそう言われることへの皮肉も込めてそれを自分の名前にしてしまったのが2018年9月26日に5枚目のアルバム「泣きたくなるほど嬉しい日々に」を発売したクリープハイプのヴォーカル・ギター、尾崎世界観である。バンドのほぼ全曲の詞と曲を書いて歌う。

   2016年には本名の「祐介」をタイトルにした初めての小説を文芸春秋から発刊。音楽以外の分野からも注目されている存在である。

「泣きたくなるほど嬉しい日々に」(ユニバーサルミュージック、アマゾンHPより)
「泣きたくなるほど嬉しい日々に」(ユニバーサルミュージック、アマゾンHPより)

弱々しい男性ロックバンドのフロントマン

   クリープハイプは尾崎世界観(V・G)、小川幸慈(G)、長谷川カオナシ(B)、小泉拓(D)という4人組。2001年に結成されたもののメンバーが一定せず、尾崎世界観の一人ユニットとして活動していたこともある。

   今のメンバーになったのは2009年。2016年に出た前作のアルバム「世界観」の最後は、バンドとして光明を見たという2009年11月の下北沢のライブハウスのことが歌われていた。インディーズでのアルバム発売を経て2012年、アルバム「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」でメジャーデビューした。

   彼らに惹かれたのは2012年に出たメジャー最初のシングル「おやすみ泣き声、さよなら歌姫」だ。"泣き声"に対しての優しさと"歌姫"に対しての突き放し方の対比。そのタイトルだけで彼らの音楽観が見える気がした。

   更に、尾崎世界観の悲鳴のようなハイトーンボーカルは、こんなに弱々しい男性ロックバンドのフロントマンがいただろうか、と思った。

   もっと言えば、10代の女子がほとんどというライブでは客席が彼に向けて「セックスしよう」と声を上げたりもする。歌詞の中にはラブホテルの一室でのやりとりやピンサロ嬢の告白の歌、女子目線のその場限りの恋の歌もある。

   何が彼女たちの共感を呼んでいるのだろうという好奇心が入口だった。

   尾崎世界観の初の小説「祐介」には、彼が思うようなバンド活動が出来なかったその頃のことが綴られている。メンバーとは分かり合えずライブも出来ない、不本意なバイト生活とピンサロ嬢との肉体関係。明け方の盛り場の吹き溜まりのような場末感。自虐的バンド貧乏小説と言えそうな描写は歌の言葉とは違う質感や切なさを持っていた。

   前作のアルバム「世界観」は、小説「祐介」と対になったような作品だった。出口のない日々を綴った「祐介」と対照的に新しい様々な音楽に挑戦したようなアルバム「世界観」。文字に特化した「祐介」と音楽が引きだした自在な言葉が躍っている「世界観」。音楽と文学、それぞれの使い分けの可能性が形になっているように思った。

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!