2018年 10月 23日 (火)

イリジウムネットワークを通じメッセージを送信 衛星コミュニケーター

印刷

   GPS機器およびフィットネス機器などを手がけるガーミンジャパン(埼玉県富士見市)は、衛星コミュニケーター「inReach Mini(インリーチ・ミニ)」を2018年10月4日に発売する。

  • 登山家や山岳ガイド、冒険家などに備えと安心を提供
    登山家や山岳ガイド、冒険家などに備えと安心を提供

緊急時、救助組織「GEOS」に位置情報と緊急メッセージを送信可能

   7月発売の「inReach Explorer+」の機能を継承しつつ、苛酷なアドベンチャーでも携帯しやすいという軽量・コンパクトモデル。

   事前に「inReach」管理サイトから衛星通信契約を行うことで、全世界をカバーするイリジウムネットワークを経由し、双方向でメッセージを送信できる。緊急時には24時間365日対応可能だという国際的な救助組織「GEOS」に、端末の位置情報と緊急メッセージを送れる。

   アウトドアアクティビティーを楽しむユーザーや山岳ガイド、高圧線保守や探検家などに備えと安心を提供できるとのことだ。

   電源はリチウムイオン充電池を内蔵し、10分ごとの「追跡モード」で最大50時間、軌跡記録30分間隔の「パワーセーブモード」では最大20日間の使用が可能だという。IPX7防水を備える。

   カラーはOrange、Blackの2色。

   価格は3万7800円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中