2018年 12月 19日 (水)

アニメ「頭文字D」の「トレノ」や「RX-7」がトイラジコンに

印刷

   京商は、ラジオコントロール(ラジコン)カー「FIRST MINI-Z(ファースト・ミニッツ)」第1弾を2018年9月25日に発売した。

  • 「頭文字D」の世界観を手のひらサイズで再現
    「頭文字D」の世界観を手のひらサイズで再現
  • 「頭文字D」の世界観を手のひらサイズで再現
    「頭文字D」の世界観を手のひらサイズで再現

手のひらサイズながら精密仕上げ

   操縦者がラジコンの醍醐味を満喫できるという「新リアルドライブ機構」。発表の中の製品概要によると、時速7キロの「トレーニング」、同10キロの「レーシング」、2つの「モード切り替え」。ストップウォッチ付きコントローラーとミニパイロン6個が付属し、気軽にコースを作成して楽しめる「自宅でタイムアタック」という3つのポイントを重点に置き、他の"トイラジ"との差別を図ったのが最大の特徴だというシリーズ第1弾。

   アニメ&コミック「頭文字(イニシャル)D」とコラボレーションし、「藤原拓海」の「トヨタ スプリンター トレノ」、「高橋涼介」の「マツダ サバンナ RX-7(FC3)」、「高橋啓介」の「マツダ RX-7(FD3)」の3モデルをラインアップ。

   同社の本格ホビーラジコンカー「ミニッツ」と同サイズ、同マウント形式のボディー、塗装仕上がりおよびスポンサーロゴは「KYOSHOダイキャストモデル」と同じタンポプリント仕上げで精密に再現し、鑑賞用としても楽しめるという。約1/28スケール、全長約130ミリの手のひらサイズとなっている。

   電源は、ラジコン本体用が単3形アルカリ乾電池×2本、コントローラー用が単3形アルカリ乾電池×2本。

   価格は4980円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中