2018年 10月 19日 (金)

台風21号に耐えた「落ちない」柿 買って食べれば被災地の生産者支援に 

印刷

   食品の宅配サービス「オイシックス・ラ・大地」(東京都品川区)は2018年10月4日、今年9月に近畿地方を襲った台風21号の雨風で傷付いた奈良県産の種なし柿を、「種なし台風柿」として販売開始した。ネットスーパー「Oisix(おいしっくす)」もしくは「Oisix恵比寿三越店」で購入でき、価格は1袋(3~4個)330円。

  • 台風21号の雨風に耐えた「落ちない柿」
    台風21号の雨風に耐えた「落ちない柿」

おいしさは例年と変わらず、受験生の縁起グッズにも

   Oisixで販売している奈良県産「種なし柿」の産地では、9月4日に西日本を縦断した台風21号の影響を受け、発表資料によると全体の2割ほどの柿に「スレ」が生じてしまった。

   オイシックス・ラ・大地は、これまでにも「規格外」として廃棄されたり、加工品用に安く買い取られたりする農産物を「ふぞろい野菜」として販売してきたノウハウを生かし、被災した生産者への応援策として「台風柿」の発売を決定した。見た目こそ悪いが、届いた時に食べればサクサク、時間をおけばやわらかくとろけるような食感と、2通りの楽しみ方ができるという。

   また、強烈な台風を耐え抜いた「落ちない」柿であることから、縁起グッズとしてギフトにも利用できる。10月に幼稚園や小学校の受験を控えている家庭にはうれしい一品になりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中