2018年 10月 21日 (日)

髪にアプローチする物質が「失活」しないリキッド新登場

印刷

   ヘアケア商品の製造・販売会社「メソケアプラス」は2018年10月1日、「メソセラポス スカルプリキッド」を発売した。

  • 「メソセラポス スカルプリキッド」
    「メソセラポス スカルプリキッド」

従来の成長因子を含んだ育毛剤の課題解決に活路

   本品は、メソケアプラスが従来の一部の育毛剤成分の課題を解決するために「擬似成長因子(シミラーグロスファクター)」を配合した製品。

   育毛剤の成分には、毛髪が成長するために重要な物質のひとつ「成長因子」が含まれているものもある。だが、この成長因子は時間の経過ともに不活性化(失活)するため、育毛剤が購入者の手に届く段階では本来の毛髪へのアプローチが発揮できない可能性があるとされている。

   擬似成長因子は、成長因子と似た物質でありながら失活しない。メソケアプラスは、この疑似成長因子を使用した製品をスカルプリキッドとして開発した。メソケアプラスの商品は一部のAGA(男性型脱毛症)治療の専門病院でも用いられている。

   内容量は120ミリリットルで、1万1000円。メソケアプラスの公式ウェブサイトから購入できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中