2018年 10月 23日 (火)

Looopでんき、Bリーグ「横浜」「八王子」と提携 電気料金の一部をチームに還元

印刷

   電力会社「Looop(ループ)」(本社・東京)は2018年10月9日、男子プロバスケットボール「Bリーグ」の横浜ビー・コルセアーズ、東京八王子ビートレインズと提携を結んだことを発表した。

   電気料金の一部を両チームに還元するプランを提供する。

  • 「Bリーグ」の横浜ビー・コルセアーズ、東京八王子ビートレインズと提携
    「Bリーグ」の横浜ビー・コルセアーズ、東京八王子ビートレインズと提携

9月には「新潟」「福島」とも提携

   応援したいチームのプランに加入すると、自動的にその電気料金の一部が各チームに還元される。「ブースター」(サポーター)として、チームの活動資金を援助できるというわけだ。

   Looopは9月にも、Bリーグの新潟アルビレックスBB、福島ファイヤーボンズとも提携して同様のプランを発表しており、これで合計4チームとの契約となった。

    両チームは提携にあたり、以下のようにコメントしている。

「Looopでんき+横浜ビー・コルセアーズ=ビーコルでんきが始まり各社様、ブースターの皆様に広く知れ渡り、新たなサービスの提供が出来ることを嬉しく思います。この度のパートナーシップが、地元横浜に貢献していけますよう精進してまいります」
「八王子ビートレインズは今シーズンよりB2に昇格しましたが、ゆくゆくはB1を狙えるチームに成長させたいと思っております。そのためには多くの方の応援が必要となります。その中で、このような支援をいただけることに感謝しております。これからも地域に愛されるチームを作ってまいります」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中