2021年 1月 18日 (月)

吉田拓郎、ふたつの50年
広島フォーク村と深夜放送と

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

「自由」という共通項があった

   深夜放送とフォークソングは密接な関連を持っている。不況のラジオが起死回生の策として「放送休止枠」を使う事で始まった深夜放送とそれまでの音楽に満たされなかった若者たちの「新しい自由な歌」。広島フォーク村の自主制作アルバム「古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう」は深夜放送と関わりの深かったエレックレコードから発売された。ニッポン放送とエレックレコードが主催していたコンサート「唄の市」は、その結びつきの表れだった。

   エレックレコードでデビューし、80年代の「オールナイトニッポン」だけでなくTBS「パック・イン・ミュージック」と文化放送「セイ!ヤング」でもパーソナリティーを担当するなど「深夜放送全局制覇」の吉田拓郎は今もニッポン放送でレギュラー番組「ラジオでナイト」を持っている。

   51年目を迎えて継続中の「オールナイトニッポン」と約2年半の活動で幕を閉じた「広島フォーク村」。「自由」という共通項があった。「オールナイトニッポン」の始まりのフレーズはこうだった。

   「君が踊り僕が歌うとき、新しい時代の夜が生まれる。太陽の代わりに音楽を。青空の代わりに夢を」

   あれから50年。変わったものと変わらないもの、終わってしまったことと受け継がれていること。吉田拓郎が広島フォーク村時代に作った「イメージの詩」の冒頭のこんな一節は、今もなお生き続けている。

   

   「これこそはと信じれるものがこの世にあるだろうか」--。

(タケ)

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!