2018年 10月 23日 (火)

「交響詩」というジャンルを切り開いた リスト作曲「レ・プレリュード」

印刷

   前々回、作曲者が「前奏曲」という名前を付けた、通常では「鐘」と呼ばれているラフマニノフのピアノ曲を取り上げましたが、今日も同じく、作曲者が「前奏曲」と名付けた単独の曲を取り上げたいと思います。

   しかし、この「前奏曲」は、オーケストラのための曲で、原題のフランス語は複数形になっています。日本語は複数形が欧米系言語と異なり、単独曲なのに、「前奏曲たち」と翻訳するのもおかしいので、通常は原語のフランス語の複数形、「レ・プレリュード」(単数形だと「ル・プレリュード」となります)で呼ばれることが多くなっています。作曲したのは、ロマン派の巨匠、フランツ・リストです。

  • 『レ・プレリュード』初演から6年後、1860年の作曲家として充実していたころのリストの写真
    『レ・プレリュード』初演から6年後、1860年の作曲家として充実していたころのリストの写真

「交響曲」が「古臭くて長い形式」ととらえられていた

   リスト、というと、前半生のイケメンピアニストとして活躍していた時代の印象が強く、また、ピアニストとして自ら演奏するためのレパートリーとして作曲した数々の難技巧のピアノ曲が有名なこともあり、ピアニスト・コンポーザーとしてのイメージが強い人ですが、彼は、長命で、欧州のいろいろな国にも居住し、たくさんの弟子を教え、そして、クラシック音楽の一つの大きな流れを作ったことでも「巨匠」と呼ぶべき存在です。その功績の一つが、まさにこの「レ・プレリュード」なのです。

   話は変わりますが、交響曲の父とよばれる古典派のハイドンが、「管弦楽によるソナタ形式の、複数楽章を持つ曲」としての交響曲のスタイルを定着させ、その生涯にすっぽり含まれる短い生涯を送ったモーツァルトが41曲の傑作を作り、そのすぐ後に、偉大な改革者であるベートーヴェンが合唱まで取り込んだ9曲の・・ダジャレですが、「究極の」交響曲を書き上げ、時代はロマン派の19世紀に入ります。

   18世紀、革命前の宮廷やそこに集う貴族・・・つまり有閑階級が注文主だったころの「交響曲」は、「ある程度の長さを持つこと」が前提だったため、ソナタ形式、という手間のかかる形式を持ち込んでも長さを演出した交響曲でしたが、革命がおこり、市民が音楽を楽しむようになると、当然これらの「ちょい古の音楽」、すなわち「クラシック音楽」は、曲が長いのではないか・・と敬遠気味にとらえる人も多くなります。

   実際、現在では、クラシック音楽の定番とされている「交響曲」や「ピアノソナタ」が、19世紀前半の時点で、「古臭くて長い形式」ととらえられていた、という記録があります。

人生は死の前奏曲に過ぎない、という壮大なテーマ

   19世紀初頭の生まれであるリスト(1911年ハンガリー生まれ)は、欧州革命の導火線となったフランスで若いころ活躍し、そういった「トレンド」も敏感に感じていたと思われます。ピアニストとして、華麗な技巧と優れた外見で、サロンに集うご婦人たちを魅惑しながら、ハンガリー生まれといってもドイツ系の音楽家であるリストは、着実に「作曲家」としての歩みも進めます。

   すでに、フランスでは1803年生まれのベルリオーズが活躍し、リストが成人するころ、代表作「幻想交響曲」を完成させていました。まだまだ題名に「交響曲」を戴いているものの、それぞれの楽章は言葉による具体的描写が添えられ、抽象的絶対音楽である「交響曲」から、物語に沿った形の管弦楽曲、が作られ始めていたのです。つまり、ベートーヴェンが9曲書き残した交響曲によってこの「交響曲」というジャンルは一つの頂点に達し、これを超えるには、物語・・文学と言い換えてもいいでしょう・・に沿った形の曲が必要だ、と文学が芸術活動を牽引した「ロマン派」の時代では考えられるようになったのです。

   リストがまだまだピアニストとしても活躍していた30代半ば、フランスの詩人、ジョセフ・オートランの「四大元素」という詩に基づく男声合唱曲を構想します。しかし、後年、その曲の序曲として書かれた部分・・・ここには「四大元素」の中の第2楽章にあたる「大地」、第4楽章にあたる「星々」のモチーフが多くちりばめられていたのですが、・・・これを独立させて、単独の管弦楽曲に仕立て上げることを思いつきます。リストはすでに40代になり、ドイツ・ヴァイマールの宮廷楽長として招聘され、腰を落ち着けて作曲家としての活動を本格化させていました。独立した序曲は、オートランの師にあたる政治家でもあった詩人、アルフォンス・ド・ラマルティーヌの作品「新瞑想詩集」の中の「レ・プレリュード」に新たに触発され、リスト自身の手によって、それぞれの楽章に言葉が書き添えられます。

その楽章とは、
1. 人生の始まり~愛 
2. 嵐 
3. 田園 
4. 戦い 
というもので、交響曲にもありがちな緩―急―緩―急というスタイルをとっています。しかし、この曲は、交響曲のように楽章間を中断して演奏されず、連続して、続けて演奏されます。その中で、変奏されてゆくモチーフと相まって、「巨大な変奏曲」に聴こえるスタイルになっています。

   初演は、1854年2月23日、ヴァイマールにおいて、リスト自身の指揮によって行われました。その初演の3日前、リストは手紙の中で「今度の私の新しい管弦楽作品『レ・プレリュード』」と書いていましたが、演奏会前日22日の現地ヴァイマールの新聞には「『レ・プレリュード』~交響詩」と掲載されています。具体的な文学的表現を伴った「交響的作品」である「交響詩」という分野が、ここに誕生したのです。リストは、人生は死の前奏曲に過ぎない、という壮大なテーマを扱いつつ、「交響詩」というクラシック音楽の新たなジャンルをも生み出してしまったのです。

   「レ・プレリュード」はリストの13曲ある交響詩の中でも、もっとも頻繁に演奏される人気曲となっています。金管楽器による壮麗なフィナーレが、勇壮な音楽として、ナチスの宣伝フィルムなどにも使われる、という歴史もありましたが、リストの哲学的理想を具現化したといってもよいこの曲は時代を超えて、人々を感動させています。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でフプルミエ・プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目のCDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中