2018年 10月 23日 (火)

「4Kビエラ」と接続 「新4K衛星放送」が楽しめるチューナー

印刷

   パナソニックは、2018年12月1日にスタートする「新4K衛星放送」対応の4Kチューナー「TU-BUHD100」を2018年10月中旬に発売する。

  • 4Kの本領を発揮できるチューナーが登場
    4Kの本領を発揮できるチューナーが登場

4Kビエラのリモコン1つで視聴操作が可能

   BS4K/110度CS4Kチューナーを搭載し、同社製4Kテレビ「4Kビエラ」に接続することで、従来と比べ高解像度(3840×2160ピクセル)で高精細、色彩豊かでダイナミックなコントラスト表現の「新4K衛星放送」を視聴できる。

   表現可能な色が飛躍的に広がった「BT.2020」規格に対応し、より鮮やかな色彩を楽しめる。階調表現も8bitから10bitに進化し、きめ細やかで豊かな色彩表現を実現。また、明暗差をよりダイナミックに表現できる高輝度化技術「HDR(放送波用HLG方式)」にも対応する。動きの情報量がアップし、スポーツなど動きの速い映像も滑らかに表現可能だ。

   連携機能「ビエラリンク」により、「4Kビエラ」の電源のオン/オフ連動や、リモコン1つで選局などの視聴操作が行える。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中