2018年 11月 14日 (水)

果汁系炭酸飲料で初の機能性表示食品 「スーパーC.C.レモン」発売

印刷

   サントリー食品インターナショナルは、機能性表示食品「スーパーC.C.レモン」を2018年10月16日に発売する。

   「C.C.レモン」は、1994年の発売以来ビタミンCたっぷりの健康的な炭酸飲料として、幅広い世代から親しまれてきたロングセラーブランドだ。

  • 果汁系炭酸飲料では日本初の機能性表示食品
    果汁系炭酸飲料では日本初の機能性表示食品

クエン酸2700ミリグラムを1本あたりに配合

   果汁系炭酸飲料では日本初の機能性表示食品。現在販売されている「C.C.レモン」シリーズの中では最多のクエン酸2700ミリグラムを1本あたりに配合した。また、「C.C.レモン500ミリリットル」と同様、レモン50個分のビタミンCを含有。疲労を感じた時にぴったりの酸味と飲みやすい味わいを実現した。

   パッケージは、"日常生活の疲労感を軽減"と関与成分である"クエン酸2700ミリグラム"を分かりやすくデザインしている。

   内容量350ミリリットルペットボトル、価格は150円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中