2018年 11月 17日 (土)

パナソニックのコンデジ「LUMIX」 高画質センサー搭載&タフネスの2モデル

印刷

   パナソニックは、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX(ルミックス) DC-LX100M2」、タフネスモデル「DC-FT7」を2018年10月18日に発売開始。

  • クラスを超えた高画質モデルとシーンを選ばないタフネスモデルを同時リリース
    クラスを超えた高画質モデルとシーンを選ばないタフネスモデルを同時リリース

ローパスフィルターレスセンサー搭載

   「DC-LX100M2」は、従来モデル同様「LEICA DC VARIO-SUMMILUX 24-75ミリ/F1.7-2.8レンズ」を備えたほか、同社製ミラーレス一眼カメラで採用しているローパスフィルターレスの4/3型・高感度MOSセンサーを新搭載し、さらなる高画質を実現した。

   アナログ感覚で操作できるリングダイヤルに加え、タッチ対応液晶モニターを新たに装備し、タッチAF(オートフォーカス)やタッチパッドAFなどのダイレクトな操作性を実現した。

   毎秒30コマの「4Kフォト」、ダイナミックなモノクロ表現「L.モノクロームD」、フィルムライクな質感を表現できる「粒状」などを新搭載。「4Kフォト」では撮影後に好みのフォーカスポイントの写真を選べる「フォーカスセレクト&フォーカス合成」、決定的瞬間の写真選択の手間を軽減する「オートマーキング」、一連の動きを1枚の写真に合成する「軌跡合成」などの機能を備える。

   カラーはブラック。

   「LUMIX DC-FT7」は、アウトドアシーンで活躍できるIPX8相当の防水31メートル、IP6X相当の防塵、耐衝撃2メートル、耐荷重100kgf、耐低温摂氏マイナス10度に対応。

   20メガ高感度MOSセンサーによる高画質撮影を実現。液晶モニターに加え、明るい屋外や海辺、雪山などの強い反射光の下でも安定したフレーミングが可能な高解像度ファインダーを装備。「4K動画」「4Kフォト」などを搭載する。

   カラーはオレンジ、ブラックの2色。

   いずれも価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中