2018年 11月 16日 (金)

厳選した国産野菜をオリーブオイルで抽出 フレーバーオイル

印刷

   オリーブ製品を取り扱う日本オリーブ(岡山県瀬戸内市)は、「フレーバーオリーブオイル しょうが/ごぼう/ねぎ」を、2018年10月21日に通信販売・直営店などで発売する。

  • 和食党にもおすすめ
    和食党にもおすすめ

専門家が作ったオリーブオイル

   厳選した国産野菜を、オリーブオイルで抽出したフレーバーオイル。「オリーブオイルを知り尽くした巧みの技」が詰まった1本だという。

   「しょうが」は、みずみずしくて柔らかい岡山県産の津山しょうがを使用。生のしょうがを皮ごと使い、エキストラバージンオリーブオイルで低温抽出した。鮮烈な辛みが凝縮されており、すり下ろしでは味わえない強い風味を楽しめるという。

   「ごぼう」は、岡山県連島地区の連島ごぼうを乾燥させ、高温のオリーブオイルですばやく香りを移した。旨みが重視される和食の隠し味として手軽に加えられる。

   「ねぎ」は、甘みと風味が豊かな根深ねぎを使用。乾燥後、高温のオリーブオイルで辛味と甘み、軽い香ばしさを抽出した。肉や魚、卵、米、麺とも相性が良く、幅広い料理に利用できる。

   価格は1600円(税抜)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中