2018年 11月 17日 (土)

ステーショナリーに鎮座する「平成」の文字 ネタかマジか、編集者の強いこだわり

印刷

   「平成最後の○○」のフレーズが、メディアで見られるようになった。2019年5月に向かって、平成との「別れのカウントダウン」が始まっている。

   そんな中、出版社の宝島社が「さよなら『平成』ステーショナリーBOOK」を発売した。クリアファイル、マルチポーチ、メモ帳、ふせんの4点セットが付いた本だ。宝島社の編集担当者に、商品化の意図を取材した。

  • 宝島社「さよなら『平成』ステーショナリーBOOK」
    宝島社「さよなら『平成』ステーショナリーBOOK」
  • ステーショナリー4点セット
    ステーショナリー4点セット
  • ノートの各ページにも「平成」の文字
    ノートの各ページにも「平成」の文字
  • ポーチは丈夫そう
    ポーチは丈夫そう
  • ちょうどノートが入る大きさ
    ちょうどノートが入る大きさ
  • 平成に起こった出来事や、「新元号」の決め方を紹介するミニブック(全8ページ)も付いている
    平成に起こった出来事や、「新元号」の決め方を紹介するミニブック(全8ページ)も付いている

「誰かと思い出を語り合ったりするきっかけに」

   2018年9月29日に発売されると、ツイッターでは「欲しい」「パンチきいてる」といった書き込みが相次いだ。一方で、「平成」を大々的に押し出したデザインに、「ネタなのかマジなのか」とターゲット層や商品化の理由を気にする声も目立った。

   「昭和の終わりに生まれた」という宝島社の編集担当はJ-CASTトレンドの取材に、商品のメインターゲット層は30代~60代の男女だとして、こう続けた。

「『平成』という時代には自分の青春や、社会人になってからの経験など、様々な思い出が詰まっています。私と同じような昭和生まれの人に、懐かしい気持ちになってもらったり、誰かと思い出を語り合ったりするきっかけになれば良いなと思い、今回の商品を企画しました」

小渕元官房長官が掲げた「平成の書」を再現

   商品は、A5サイズの用紙が入るクリアファイル、A6サイズのノート、ノートがちょうど入る大きさのマルチポーチ、横5センチ×縦7センチのミニふせんが付いている。これらすべてに国立公文書館所蔵の「平成の書」を再現した「平成」の文字がプリントされている。

   比較的小さいサイズ、そしてデザインには以下のこだわりがあると前出の担当者は話す。

「気軽に持ち歩けるものを目指してコンパクトにし、小渕恵三元官房長官が掲げた『あの「平成」の文字』を表せるように、一貫して四角い形のステーショナリーにこだわりました。デザイン面では、習字の文字のかすれ具合まで忠実に再現し、文字の雰囲気感を失わないように注意しました」

   昭和64年1月、当時官房長官だった小渕氏は新元号発表の際に「平成の書」を掲げ、「新しい元号は平成であります」とアナウンスした。この映像は、今でもたびたびテレビで流れている。今回のステーショナリーでは、特に「成」の字のはらい部分やはね部分にこだわったという。

   自分用に購入して思い出にひたるほか、「忘年会などイベントでの景品や、一発芸の小道具にするなど、気楽に使ってもらえたらうれしいです」。

   価格は税別1280円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中