2019年 5月 22日 (水)

洗う・さらす・水切り・和えるの4役 「トリの水切りボウル」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   生活雑貨メーカーのマーナ(東京都墨田区)は、「トリの水切りボウル」を、2018年10月中旬に発売する。

  • スムーズに料理を進められる形
    スムーズに料理を進められる形

洗いものの量も減らすことができる

   ザルとボウルが一体となった、トリのかたちの調理器具。食材を「洗う」「水にさらす」「水切り(湯切り)」「和える」という工程が、これ1つで完結する。作業がはかどるだけでなく、洗いものの量も減らすことができるという。

   片側に水切り穴があるため、傾けるだけで食材の水を切ることができるほか、ザルとして自立するので、手放しでも水切りが可能だ。

   大きさとカラーは、Sサイズがホワイトとイエロー、Mサイズはグリーンとホワイトをラインアップ。SとMを重ねて収納することを想定した配色になっている。

   希望小売価格はSが1280円、Mサイズが1480円。価格はいずれも税抜。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中