2018年 11月 18日 (日)

最新トイレやバスルームをVR・AR体験 銀座にLIXIL「デジタル施設」

印刷

   総合住設メーカー大手のLIXIL(東京都千代田区)は2018年10月19日、同社初のデジタル施設「LIXIL Digital Studio GINZA」を東京・銀座エリアにオープンした。実物の最新トイレやバスルームといった商品展示に加え、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)などのデジタル技術を活用し、商品が設置された空間を利用者がより具体的にイメージできるようにする。

  • 銀座エリアにオープンする「LIXIL Digital Studio GINZA」
    銀座エリアにオープンする「LIXIL Digital Studio GINZA」
  • VR体験でLIXILおすすめのインテリア空間を360度楽しめる
    VR体験でLIXILおすすめのインテリア空間を360度楽しめる
  • AR体験でデザインやカラーバリエーションの設置イメージを確認
    AR体験でデザインやカラーバリエーションの設置イメージを確認

VR・AR体験エリアと実物商品展示エリアで構成

   無料、予約不要で利用でき、VR・ARが体験できるエリアと、実物のLIXIL商品を紹介する商品展示エリアの2つで構成されている。

   目玉となるVR体験では、ヘッドマウントディスプレーを装着すると、キッチンやバスルームなどのLIXIL商品が設置されたインテリア空間が360度広がり、実際にその場にいるかのような感覚を味わえる。AR体験では、タブレット端末画面に映し出された目の前の空間に、トイレ、洗面化粧台、キッチン、室内ドアなどのLIXIL商品が現れ、デザインやカラーバリエーションの設置イメージをシミュレーションできる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中