2018年 11月 16日 (金)

エンジン音と振動による臨場感 「トミカ4D」第1弾

印刷

   タカラトミーは、ダイキャスト製ミニカー「トミカ4D(フォーディー)」第1弾全4種を、2018年10月27日に全国の玩具店および直販サイト「タカラトミーモール」などで発売する。

  • ミニカー遊びが変わる!?3Dを超えた「トミカ4D」
    ミニカー遊びが変わる!?3Dを超えた「トミカ4D」

スポーツカータイプは実車のエンジン音、はたらくクルマはサイレン音

   大きさや形は従来の「トミカ」と同じながら、搭載されたサスペンション機能を生かして車体を上から押し込むことで、本当にエンジンがかかったようなリアルなエンジン音とアイドリングの振動を体感できるという。"手転がし"で走行させるとリアルな走行音がランダムで鳴り、合わせて振動も変化する。車体を長押しするとエンジンが切れる。

   第1弾の今回はスポーツカータイプ2種、はたらくクルマ2種をラインアップ。スポーツカータイプの内蔵音は自動車メーカー全面協力のもと、実車のエンジン音を収録したといい、はたらくクルマはサイレン音やアナウンスを収録するなど、臨場感のあるサウンドを楽しめる。

   第1弾のラインアップは「01 日産 GT-Rバイブラントレッド」「02 日産 GT-Rメテオフレークブラックパール」「05 トヨタ クラウン パトロールカー」「06 トヨタ ハイメディック救急車」全4種。なお「03 ホンダ NSXヌーベルブルー・パール」「04 ホンダ NSXカジノホワイト・パール」は発売延期とのことだ。

   電源はボタン電池「LR44」×2個。

   価格は1600円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中