2018年 11月 14日 (水)

「国内長期滞在の旅」 冬でも過ごしやすい、あったか宮崎・青島温泉

印刷

   阪急交通社(大阪市)は、「あったか宮崎・青島温泉 長期滞在の旅7日間」大阪(伊丹空港)出発を、2018年10月20日に発売した。東京・名古屋・福岡ほか全国各地の出発で順次発売予定。出発日は19年1月6日から。

  • “暮らすように旅する”長期滞在の旅を温暖な地で
    “暮らすように旅する”長期滞在の旅を温暖な地で

高千穂峡や都井岬、霧島神宮を巡れる

   温泉地で避寒ができる、「添乗員同行 国内長期滞在の旅」シリーズ。冬でも過ごしやすい気候の中、豊かな自然が育んだ絶景や地元グルメ、神話・伝承など、ご当地ならではの魅力を満喫できる。発表資料によると、地元自治体の協力により、充実したプランが実現した。

   滞在中の過ごし方や周辺の見所などを紹介するオリエンテーション、追加代金なしの日帰り周辺観光バスツアーを用意。宮崎では高千穂峡や県最南端の都井岬、天孫降臨の地とされる霧島神宮などを巡れる。添乗員同行かつ地元自治体、観光協会などのサポートにより、安心かつ快適に旅を楽しめるのも魅力だ。

   旅行代金は大人1人9万9800円~11万4800円(大阪発着 2人以上1室利用の場合)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中