2020年 10月 20日 (火)

小坂忠、「HORO」
埋もれた名盤に光が

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

   時代が変わったと思わされることは日常的に無数にある。インターネットや携帯電話などの通信手段や交通手段。街の様子や食生活。すでに20年前くらいのことですら思い出せない。

   そうした目に見えること以外にも「物事の評価」がある。美術などの例を待つまでもなく当時はほとんど顧みられなかった作品が再評価されて光が当てられてゆく。

   J-POPでそうした傾向が顕著になったのはこの10数年だろう。70年代のアルバムが「埋もれた名盤」として取り上げられるようになった。

   松任谷由実のツアーの音楽監督として知られるキーボーディスト、武部聡志がプロデュースする「100年後に残したい名盤のDNAを伝える」コンサート「SONGS&FRIENDS」の二回目で取り上げる小坂忠のアルバム「HORO」(ほうろう)もそんな一枚だ。武部聡志は、こんなコメントを出している。

    「このアルバムが発売された1975年、当時18歳だった僕は、それまでになかった斬新なサウンド、そして忠さんのボーカルに衝撃を受け、プロミュージシャンの道を目指した事を今でも鮮明に覚えています。このアルバムが、後に世に出るジャパニーズソウル、R&Bの礎になった事は疑う余地がありません」

「HORO」(ソニー・ミュージックダイレクト、アマゾンHPより)
「HORO」(ソニー・ミュージックダイレクト、アマゾンHPより)

「はっぴいえんど」の母体となった

   小坂忠は1948年東京生まれ。音楽シーンに名前が登場してくるのは1969年にデビューし、アルバムを一枚残して解散してしまうロックバンド、エイプリルフールのヴォーカリストとしてだ。ベースが細野晴臣、ドラムは松本隆。日本語のロックの元祖となったはっぴいえんどはエイプリルフールが母体となって誕生したバンドである。当初、ヴォーカリストとして予定されていたのが小坂忠だ。ただ、彼は70年に上演されたロックミュージカル「ヘアー」のオーディションに合格、舞台に立つことになる。代わって新たに加わったのが大滝詠一だった。

   やはり「SONGS&FREINDSコンサート」の総合演出を担当する松任谷正隆のコメントはこうだ。

「20代前半、僕には暗黒時代がありました。何をやっても認められず、何をやってもうまくいかなかった。そんな記憶を塗り替えられる日がついに来るかもしれません。というより、この日が決まってからというもの、徐々にではありますが重い記憶が消えつつあります。忠さんと出会えてよかった、と心から言えそうです」

   70年代前半、ロックはアンダーグラウンドな音楽だった。はっぴいえんどに加わらなかった小坂忠がミュージカルから音楽に戻ったのが71年。ソロ一枚目のアルバム「ありがとう」には、細野晴臣や松本隆、鈴木茂など、はっぴいえんどのメンバーが参加している。松任谷正隆は、彼の72年のライブアルバム「もっともっと」のために結成されたバンド、フォージョーハーフのキーボーディストだった。メンバーは、二人の他に駒沢裕城(G)、後藤次利(B)、林立夫(D)の計5人。フォージョーハーフというのは「四畳半」の英語読みである。「神田川」のように身の回りのことを歌った当時のフォークソングが「四畳半フォーク」と呼ばれていたことを知る人はもう少ないだろう。

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!