2018年 11月 18日 (日)

あおり運手事故の加害者、被害者家族の闇 劇団青年座が上演

印刷

   「創作劇の上演」にこだわり活動を続けてきた劇団青年座が、2018年11月22日から12月2日まで東京・下北沢のザ・スズナリで『残り火』を上演する。

   今作は時代の最前線を走る劇作家の一人、瀬戸山美咲による新作書き下ろし。

   演出はこれまで多くの劇作家と新作に取り組んできた演出家・黒岩亮が務める。

加害者は幸せになってはいけないのか

   居酒屋チェーンを経営する藤田健太郎は今から12年前、高速道路で煽り運転の末に交通事故を起こし、当時8歳だった少女、沢渡美希を死なせてしまった。

   5年間の服役を経て出所した健太郎は7年後、また居酒屋をオープンさせ、妻、長男、長女と豊かな生活を送っていた。しかし、ある男が健太郎の目の前に現れたことにより状況は一変する。

   誰にでも起こりうる「交通事故」を背景に、加害者と被害者になったふたつの家族の心の奥に潜む闇を明らかにしていく。法律で裁けない罪を人はどう受け止めたらいいのか。償いを終えた加害者は幸せになってはいけないのか。罪と罰、そして生きることの本質に迫る。

   劇団青年座第234回公演『残り火』

   作=瀬戸山美咲 演出=黒岩亮

   11/22(木)~12/2(日)ザ・スズナリ

   問い合わせは03・5478・8571 http://seinenza.com 劇団青年座まで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中