2019年 8月 24日 (土)

環境騒音だけをカット 「デジタル耳せん」にケーブル一体型が登場

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   デジタル文具などを手がけるキングジム(東京都千代田区)は、ケーブル一体型の「デジタル耳せん MM2000」を2018年11月9日に発売する。

  • 聞きたい音や声だけが聞こえる「デジタル耳せん」が使いやすさアップ
    聞きたい音や声だけが聞こえる「デジタル耳せん」が使いやすさアップ

騒音のカット率が約95%に向上

   ノイズキャンセリング技術を搭載し、主に乗り物内の騒音やエアコンの空調音など300ヘルツ以下の"環境騒音"をカットし、人の呼びかけ声やアナウンス、着信音などが聞き取れる。

   騒音のカット率を従来の約90%から約95%へ向上させたほか、本体をコードの取り回しがしやすいケーブル一体型とし、絡まりにくいファブリック製のコードを採用するなど、より使いやすくなったという。

   電源は内蔵のリチウムイオンバッテリー。約3時間の充電で約50時間駆動する。USB給電のためモバイルバッテリーからの充電が可能だ。IPX2・IP5X相当の防滴防塵設計により汗に強く、砂埃の多い環境でも使用できる。

   なお、付属のウレタンイヤーピース(フリーサイズ)を装着すればノイズキャンセリング効果が高まるとのことだ。そのほかシリコンイヤーピース(サイズはXS/S/M/Lを用意)、USBケーブル、ポーチが付属する。

   カラーはブラック。

   価格は8500円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中