2018年 12月 19日 (水)

人と見間違える完成度! 中国・新華社「AIキャスター」がニュース読む

印刷

   ビシッと黒のスーツを着こなし、穏やかな表情でニュースを読み上げる写真の男性。だが、人間ではない。仮想のキャラクターだ。

   中国の国営通信社「新華社」はこのほど、まるで人のように動き、話すニュースキャスターの運用を発表した。

  • AIキャスター
    AIキャスター

24時間戦えます

   ニュースキャスターは、中国検索エンジン大手「捜狗(Sogou)」との共同で制作された。

   実際のキャスターの映像をもとに、人工知能(AI)がセリフや唇の動き、表情を学習し、仮想キャラクターがAIをもとに入力されたテキストを読み上げる。

   中国語と英語に対応し、言語によって2パターンの「人物」を用意した。すでに新華社の公式ウェブサイトやSNSで運用されている。

   ニュースサイト「新華網」の2018年11月8日付記事では、新華社の話として、 「彼は24時間働けるため、ニュース制作のコスト削減や効率を高めるだろう」 と紹介している。

   働き方改革が叫ばれる日本の報道現場でも「採用」の日は近い?

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中