2020年 9月 21日 (月)

Jリーガー早川史哉、白血病乗り越え復帰 サポ、選手、本人も嬉し涙が止まらない

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「お帰りなさい!泣いてます」「おめでとう、、!!いまは純粋に嬉しく、涙止まりません」――。チームの垣根を越えて、サッカーファンが胸を熱くしている。

   サッカーJ2・アルビレックス新潟は2018年11月12日、急性白血病の治療をしていた早川史哉選手(24)について、選手契約の一時凍結を解除すると発表した。試合に出ても問題ないほど回復したと判断されたためで、早川選手は「これからも自分が大事にしている『誠実』『全力前進』という言葉を胸に、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います」とコメントした。

  • アルビレックス新潟の公式ツイッターより
    アルビレックス新潟の公式ツイッターより
  • アルビレックス新潟の公式ツイッターより

支援基金は総額2700万円集まる

   早川選手は、筑波大を経て16年にアルビレックス新潟に加入。開幕戦に出場するなど将来を有望視されていたが、16年4月に急性白血病と診断され、同年11月に骨髄移植手術を受けた。17年1月には治療に専念するため選手契約が一時凍結された。

   約2年半の闘病の末、ついに復帰が決まった。クラブは18年11月12日、契約凍結の解除を発表。「トップレベルに十分対応できるフィジカルであることを確認」したという。

   また、16年に開設した「早川史哉選手支援基金」には、総額約2700万円が集まったとも報告した。

   一方で、症状が一時的または継続的に軽減した状態である「寛解」とまではいかず、「経過観察などの治療は継続する」としている。

   早川選手は発表文の中で、復帰までの道のりを「サッカー面に限らず、小児病棟訪問や学校訪問、病院内ビューイングなどの活動を通じて、多くの経験を積み、たくさんの出会いもありました」と振り返っている。今後については、

「これからも自分が大事にしている『誠実』『全力前進』という言葉を胸に、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います」

とコメントした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!