2019年 12月 9日 (月)

小田和正、70歳代最初のツアー
皆で歌うことがこんなにも美しい

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

   コンサートの楽しみは、ステージ上の歌や演奏を見たり聞いたりすることだけではない。

   その場の空気を味わうこと、今、この時間にここにいることの臨場感や共有感を確かめること。その日、その会場、その客席だからこそ生まれる一体感。コンサートが「一期一会」と言われるのは、二度と同じ空間は生まれないからでもある。

   そこにもう一つの要素が加わると、その関係は更に濃密なものになる。

   それは「歌うこと」だ。

   ステージと一緒になって歌う。

   その歌声がコンサートの空気を作って行く。

   2018年10月31日、横浜アリーナで行われた小田和正のコンサート「Kazumasa Oda Tour2018 ENCORE!!」はその最たるものだった。

  • 横浜アリーナで行われた「Kazumasa Oda Tour2018 ENCORE」で歌う小田和正((C)菊地英二)
    横浜アリーナで行われた「Kazumasa Oda Tour2018 ENCORE」で歌う小田和正((C)菊地英二)
  • 横浜アリーナで行われた「Kazumasa Oda Tour2018 ENCORE」で歌う小田和正((C)菊地英二)
    横浜アリーナで行われた「Kazumasa Oda Tour2018 ENCORE」で歌う小田和正((C)菊地英二)
  • 横浜アリーナで行われた「Kazumasa Oda Tour2018 ENCORE」で歌う小田和正((C)菊地英二)
    横浜アリーナで行われた「Kazumasa Oda Tour2018 ENCORE」で歌う小田和正((C)菊地英二)

「今」を生きる、「今」を歌う

   小田和正は、1947年生まれ。ツアー中の9月に71歳を迎えた。

   2000年代に入ってから、彼を語る時には「史上最年長」という形容が定番になっている。

   一昨年に発売されて一位になったベストアルバム「あの日 あの時」に代表されるCDの売り上げやランキング、2011年に行なわれたドームツアーなど、どれも自身が持っていた最年長記録を更新した。70代最初のツアー全48公演は全て完売。台風や地震に見舞われる中での46公演。大阪の2公演が来年に延期になった今回のツアーは「史上最年長アリーナツアー」となった。

   もし、「振り返る資格」というのがあるとしたら何歳くらいなのだろう。

   「資格」という言葉が適切でなければ「適齢期」と言ってもいい。それにふさわしい年齢。あるいは自然にそうなっていく時期である。

   中には若い頃から懐古的だったとか「あの頃は良かった」が早くから口癖のようになっている人もいるのかもしれない。

   でも、多くの人が「振り返らない」とか「立ち止まらない」「走り続ける」ことを自分に課しながら生きているようにも思う。特に、ある程度のキャリアを重ねたアーティストにとっての現役性というのは、その戦いと言って過言でない

   「今」を生きる。

   「今」を歌う。

   「今だから出来ること...忘れないで」「もうここへは戻れない」と歌う大ヒットした代表曲「キラキラ」もそんな一例だろう。

   彼が50代半ばになってからの曲だった。

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!