2018年 12月 16日 (日)

「FGO」のディライトワークスがボードゲーム 「アクマの城と子どもたち」を記者が体験

印刷
ボードゲーム「CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~」
ボードゲーム「CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~」

   スマートフォン(スマホ)ゲーム制作を手掛ける「ディライトワークス」による初の完全オリジナルボードゲーム2作品『The Last Brave』『CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~』の発表会が、2018年11月12日、東京都内で行われた。

   ディライトワークスは、人気スマホゲーム「Fate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)」(以下、FGO)の企画、開発、運営を行う。デジタルゲームの対極ともいえるアナログゲーム業界への参入に、注目が集まる。

FGOの要素を取り入れる

   2つのボードゲームはともに、日本を代表するゲームデザイナー、カナイセイジ氏(カナイ製作所代表)の協力のもと開発された。

「The Last Brave」(左)、「CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~」
「The Last Brave」(左)、「CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~」

   『The Last Brave』は、カナイ氏がゲームデザインを手掛けたカードゲーム。約2400通りのキャラクターの組み合わせと、ゲームの序盤と終盤で大きく変化する戦況を見極めて戦う戦略性が特徴だ。

   ランダムに1枚ずつ配られるそれぞれ特性を持った「プレイヤーカード」、「職種」、「属性」、「武器」の4種のカードから構成されるキャラクターを操り、プレーヤー同士で相手がどんな特性を隠し持っているかを探り合いながら戦う心理戦も面白い。

   カナイ氏は、開発への思いを、「ディライトワークスといえばFGO。FGOのファンは多くいます。うまい形でその要素を取り入れたいと思いました」と語った。内容的にも、ディライトワークスのユーザーが"期待しているもの"になっているという。

「The Last Brave」は心理戦が面白い
「The Last Brave」は心理戦が面白い

   『CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~』は、ディライトワークスの2018年度の新入社員が企画・開発を手掛けた。監修はカナイ氏と、ボードゲームカフェ「JELLY JELLY CAFE」代表の白坂翔氏が務めている。

   プレーヤーは"アクマの夢の城"に連れ去られた子どもとなり、他のプレーヤーと協力して城内を探索、城からの脱出を目指す。プレーヤー同士で相談して助け合いながら進む戦略性や、ランダムで生成される城のマップなど、面白い仕掛けが散りばめられている。

   発表会でディライトワークスのクリエイティブオフィサー、塩川洋介氏は、ボードゲームの開発に至った経緯について、「ボードゲームの多様性」を例に挙げた。

   毎年「新作」が生まれるボードゲームのアイデアには、塩川氏も気付きや新しい発想を得ることがたびたびあるという。

「私たちはデジタルに限らず面白いゲームを生み続けたいと思っています。ボードゲームがなぜ人をひきつけるのか、デジタルゲームを手掛ける中でずっと考えてきました。ボードゲームには面白さの本質があると思います。ボードゲームからいろんなことを学び、デジタルゲームに生かしていきたいです」
塩川洋介氏(中央下)、カナイセイジ氏(右下)、他は「CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~」を開発したディライトワークス新入社員たち
塩川洋介氏(中央下)、カナイセイジ氏(右下)、他は「CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~」を開発したディライトワークス新入社員たち

4人で協力! 初対面でも最高のチームワーク

   J-CASTトレンド記者は発売前の『CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~』を、ひと足早く体験してみた。

   取材で同席した他のメディアの記者と共に、4人がプレーヤーとしてゲームを囲む。開発チームのリーダー、青山奨氏がゲームの進め方の説明やアドバイスをくれて心強い。

「CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~」 記者のキャラクターはライアン
「CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~」 記者のキャラクターはライアン

   プレーヤーは、それぞれ特殊能力を持ったキャラクター4人になりきり、"アクマの夢の城"からの脱出を目指す。

   記者のキャラクターは「ライアン」という、どちらかというと知力より筋力能力が高い男の子。指定したプレーヤーを別のプレーヤーがいる場所へ移動させたり、「悪夢カード」が置かれた場所にも出入りできる、なかなか恵まれたスキルの持ち主だ。

   このゲームの面白いところは「協力」だ。誰かがピンチになると、他のプレーヤーが特殊能力やアイテムを使ったりしながら助け合う。例えば、行動の制限につながるアイテム「ライアンの鎖」がたまってしまい動けなくなりそうな時、他のプレーヤーが「僕が鎖を引き取ってあげるよ」といった助け合いがあると、初対面の相手ということを忘れて楽しくなる。

城のマップも1枚ずつ増やしていく。どんなマップができるかはその時の運次第
城のマップも1枚ずつ増やしていく。どんなマップができるかはその時の運次第

   ゲームを進めるうえでのアイテムやルールは結構複雑だ。やり慣れていないと、正直戸惑うだろう。ただ、説明書がかなり丁寧に書いてあるので、それを読みながら進めれば、なんとなく要領はつかめるはずだ。

   記者のテーブルは、他のプレーヤー3人が慣れていたおかげでゲームはスムーズに進行した。約1時間、4人の知恵と運を合わせ、なんとか脱出成功! 他のプレーヤー、カードの種類、城マップの先――。それらの動きを読みに読んだ1時間だった。

   『The Last Brave』は、2018年12月13日、「ゲームマーケット2018 秋」にて先行販売。価格は2000円(「ゲームマーケット2018 秋」では特別価格1800円)。

   『CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~』は発売日、価格ともに未定だが、「ゲームマーケット2018 秋」での先行販売が決定しており、特別価格4000円で販売される。

   また、2018年11月14日~21日までの8日間、全国のJELLY JELLY CAFEの4店舗(渋谷、池袋2号、名古屋大須、福岡天神)で、2つのゲームが先行体験できる。

   詳細は、ディライトワークス 新作ボードゲーム特設サイトから。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中