2018年 12月 17日 (月)

■マイルCS 「カス丸の競馬GⅠ大予想」
モズアスコット、「マイル王」春秋連覇か

印刷
trend_20181116164917.jpg

   カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。先週のエリザベス女王杯は爺が◎△○で三連単、当てたじぇい。GI2連続的中。あっぱれだじぇい。さすが競馬の神様、仏様きゃすう。

   カスヨ カス丸、ほめ殺ししてもダメよ。爺は牝馬が好きなだけ。牝馬のレースになると目つきが違うでしょ。予想も命がけなのよ。その証拠にもう今週なんかは目が死んでるわね。

   カス丸 ふーん、今週はマイルチャンピオンシップ(マイルCS、2018年11月11日、京都競馬場、芝1600メートル)だよ。牝馬も出てるけど、どうして?

trend_20181116164948.jpg

牝馬より牡馬が優勢だが

   カスヨ もちろん牝馬は毎年出場しているわ。でもね過去5年を見ても、牝馬は3着以内に来ていないのよ。馬券に関係しているのは牡馬(オス)ばかり。爺は興味ないのよ。私の予想も牡馬から行くわよ。本命◎はアルアイン。京都に強いディープインパクト産駒だし、優勝から遠ざかっているけど、掲示板(5着以内)には載っていて大崩れがない馬だわ。距離もマイルがぴったりだし、今回、騎手は川田ちゃんに替わるから、これもプラスね。○対抗も牡馬でペルシアンナイト。去年の優勝馬よ。叩いてよくなるタイプだから、休み明けの前走、富士ステークス(GIII、東京、芝1600メートル)では5着だったけど、去年と同じローテーションで一発が期待できるわ。

   カス丸 爺の本命はアエロリットだよ。やっぱり牝馬がいいの?

   ガジュマル爺 コラコラ、年寄りをいじり回すんじゃないわい。さて、牡馬だから勝つというのは単純すぎるわい。カスヨもまだまだ甘いのお。競馬は強い馬が勝つんじゃ。アエロリットは安田記念(GI、東京、1600メートル)で2着だし、去年はGI、NHKマイルカップ(東京、芝1600メートル)を、牡馬を蹴散らし勝っとる。マイルはぴったしじゃ。前々で競馬ができるし、粘り強い。それと今回はこのレースで3年連続3着以内と相性抜群のムーア騎手じゃ。間違いなく来るわい。対抗はモズアスコットじゃな。安田記念は見事に優勝。前走の毎日スワン(GII、京都、芝1400メートル)は2着じゃったが、ハナ差じゃ。ほとんど勝ったようなもんじゃ。怪物といわれたフランケルの仔は調子のいい時と悪い時がはっきりしとるが、いまは絶好調じゃ。春の安田記念、秋のマイルチャンピオン、「マイル王」めざして春秋連覇してもおかしくないわい。

   カス丸 このレースはときどき荒れると聞いたじぇい。穴馬はいっぱいいるきゃすう?

   カスヨ まあ、中荒れのレースね。なんといっても注意しなくちゃいけないのは差しが決まりやすいレースだってこと。差し脚の鋭い馬が要注意よ。だから私の単穴▲はジュールポレール、牝馬よ。ディープインパクト産駒で、中団より前めにつけてピュッと差し切るってやつね。府中牝馬(GII、東京、芝1800メートル)からというローテーションもいいわね。

   ガジュマル爺 わしの▲はエアスピネルじゃ。熱発があったとはいえ、もうすっかり治ったし、問題なしじゃ。昨年2着じゃし、同じローテーションで来とるのもいい。中団につけてスッと伸びるぞ。

昨年大活躍の3歳馬、今年は?

trend_20181116165020.jpg

   カス丸 斤量(負担重量)が軽い3歳馬の名前が一頭も出てこないじぇい。去年は1、3着だったきゃすう。

   ガジュマル爺 今年は4頭出とるが、わしはステルヴィオじゃな。ロードカナロア産駒じゃから、距離はぴったしじゃ。前走の毎日王冠(GII、東京、芝1800メートル)は2着だが、あがり3ハロン(最後の600メートル)が33秒2の最速じゃ。今回は楽しみじゃわい。

   カスヨ 確かに去年は3歳が大活躍だったけど、いつもはそうでもないのよ。やっぱり4、5歳が中心なのよ、このレースは。穴狙いなら他にもたくさんいるわよ。ディープインパクト産駒のレッドアヴァンセ。ここのところ、3着以内が続き絶好調よ。それと、前走で富士ステークスを勝ったロジクライね。一貫してマイルを走ってきて、京都でも勝ったことがあるわ。あとはレーヌミノル。桜花賞馬よ。最近、いまいちだけど何よりGI馬。底力はあるわ。

   カス丸 うーん。このレースは差し馬で、減点が少ない馬を選ぶきゃすう。やっぱり本命◎はモズアスコットだじぇい。当てるじぇい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中