2018年 12月 14日 (金)

Looopでんき、冬に節電促すキャンペーン 節電量に応じてギフト券進呈

印刷

   電力会社「Looop」(ループ、東京都台東区)は、電力消費が増える冬季に向け、契約者に節電を促すキャンペーン「真冬の節電大作戦2019」を行なう。

   節電量に応じて、「Amazon」のギフト券をプレゼントする。

  • 「節電タイム」「スーパー節電タイム」
    「節電タイム」「スーパー節電タイム」

今夏実施時は使用量8%削減

   キャンペーンは、電力需給の逼迫(ひっぱく)が予想される2019年1月15日~2月22日の期間、関東圏に住み、「おうちプラン」「ビジネスプラン」「動力プラン」のいずれかの契約者を対象に行う。

   電力消費が増加する朝と夜に「節電タイム」(または「スーパー節電タイム」)が設置される予定だ。節電タイムがある場合には前日にメールで通知される。

   節電タイムに該当する時間帯の直近10日の平均電力使用量とその日の電力使用量との差分(節電量)に応じてAmazonギフト券がもらえる。例えば、1月15日の「節電タイム」の電力使用量が5kWhで、直近10日間(1月5日~14日)の同時間帯の平均電力使用量が10kWhだった場合、5kWhを節電したことになる。

   節電タイムは、節電量1kWhあたり5円、スーパー節電タイムは、節電量1kWhあたり10円がAmazonギフト券で還元される。

   Looopでんきは発表資料で、「節電タイムを意識して一日を過ごしていただくことで、電気の使い方を見直し、節電という行為にもメリットを感じていただける仕組みとなっています」とコメント。今夏に同様のキャンペーンを実施した際は、ピーク時の電気使用量を平均8%削減できたという。

   新規の申し込みは、18年12月初旬からLooopでんきの公式サイトで受け付ける。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中