2019年 5月 21日 (火)

カップ焼きそばを「焼いて」食べる...の? 「焼きペヤングメーカー」その使い方

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   カップ焼きそばをもっと美味しく――。まるか食品(群馬県伊勢崎市)のロングセラー商品「ペヤングソースやきそば」専用のホットプレートが、発売予定だ。

   「ペヤング」をつくるように麺をお湯でふやかした後、「より本格的」に仕上げるためにプレートで焼くという。

  • 焼きペヤングメーカー
    焼きペヤングメーカー
  • 焼きペヤングメーカー
    焼きペヤングメーカー

ソースの香ばしさがアップ

   商品名は「焼きペヤングメーカー」。まるか食品が協力し、家電などを販売する「ライソン」(大阪府東大阪市)が開発した。

   作り方はまず、プレートに水を張って沸騰させる。次に、麺とかやくを入れてふやかしていく。水気が無くなったら炒めていき、仕上げにふりかけとスパイスをかけて完成だ。

   ホットプレートは、ガス火での火力を再現しており、ペヤングを美味しく焼くためだけに最適化された温度設定だという。

   味についてライソンは、「麺がソースを吸ってより本格的な香ばしい」焼きそばになると、発表資料でコメントしている。

   価格は計量カップが付いて2980円(税抜)。クラウドファンディングサイト「Readyfor」で予約を受け付ける(2018年11月27日現在は公開準備中)。出荷は19年3月を予定する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中