2018年 12月 15日 (土)

「機動戦士ガンダム」TVシリーズをシナリオ化 協力型ボードゲーム

印刷

   バンダイグループのBANDAI SPIRITS(バンダイスピリッツ、東京都港区)は、アニメ「機動戦士ガンダム」のストーリーがベースのボードゲーム第1弾「GUNDAM THE GAME 機動戦士ガンダム:ガンダム大地に立つ」の予約受付を、2018年11月22日にバンダイの直販サイト「プレミアムバンダイ」で始めた。発送は19年3月下旬の予定。

  • 「1年戦争」がボードゲームに 君は生き延びることができるか?
    「1年戦争」がボードゲームに 君は生き延びることができるか?

「アムロ」や「セイラ」に扮し、プレイヤー同士が協力

   同作のストーリーがベースの協力型ボードゲーム。第1弾となる今作では、テレビシリーズの第1話「ガンダム大地に立つ!!」から第10話「ガルマ散る」までを6つのシナリオに編成して収録する。

   プレイヤーは「アムロ」や「セイラ」、「フラウ」「ブライト」など様々なキャラクターとなり、固有の能力やアイテムを駆使してプレイヤー同士で協力しながら、次々と現れるストーリーパネル上のミッションに挑戦していく。

   選ぶべきルートや最適な行動、後半に訪れる「ジオン公国軍」とのバトルに勝利するためにどうすべきかなど、プレイヤー同士で作戦を協議・協力しながらクリアを目指す。

   ゲームデザインは、国内外の数々のボードゲームの制作や翻訳を手がけているというアークライトが担当。はじめにプレイするフェイズ1「ガンダム大地に立つ」はチュートリアル要素を備え、ストーリーパネルに書かれた指示に従ってプレイすることで、ゲームの基本を楽しみながら学べる。

   第2話・第3話がテーマのフェイズ2からは、モビルスーツのバトルが発生。ジオン公国側は「戦闘イベントカード」通りに移動して、攻撃を仕掛けてくるセミオートバトルを採用。プレイヤーは自身のモビルスーツの移動や行動に集中でき、ゲームルールを理解する必要がないという。

   プレイ人数は1~4人。

   価格は6048円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中