2018年 12月 17日 (月)

多機能歩数計をベルトに内蔵 パワーアップして復活「バックル万歩計」

印刷

   計測機器などを手がける山佐時計計器(東京都世田谷区)は、「バックル万歩計 BM-950」を2018年12月3日に発売する。

  • メタボからの脱却を図れる、ビジネスマンのための“変身ベルト”
    メタボからの脱却を図れる、ビジネスマンのための“変身ベルト”

装着したまま歩数や距離、消費カロリーを確認可能

   1988年~2008年まで発売していた「バックル万歩計」を、ユーザーからの声に応えてリバイバルした。

   高性能の加速度センサーを内蔵し、歩数計測の精度をより高めたほか、大画面で数字が見やすくなるなど、機能や性能をアップしたという。普通のバックルと同じ感覚でさりげなく使用でき、外れたり落としたりする心配がなく、装着したまま表示を確認可能だ。

   「歩数」「歩行距離」「消費カロリー」「歩行時間」「時刻」の表示が可能で、14日分のメモリー機能を搭載。歩行以外の振動計測を抑制する「歩行判定」、計測を止められる「一時停止(ポーズ)」などの機能を備えるほか、いつでも現在の歩数を表示する「メイン画面」に戻れる「ホームボタン」を装備する。

   好みの位置で調整できる穴のない無段階調整ベルトを採用。牛革製でウエスト110センチまで対応する。電源は「CR2032」電池×1個。試用電池が付属する。

   価格は8000円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中