2018年 12月 14日 (金)

佐川急便「泣けるCM」190万再生を記録 SNSで感動の声続々

印刷

   佐川急便が制作したテレビCM「和菓子屋の父」編が、「うるっときた」「思わず泣いた」とSNS上で感動を呼んでいる。

   2018年11月21日に公開されたウェブ版は、12月3日現在で190万再生を記録している。

  • プレスリリースより
    プレスリリースより

ウェブ動画は長編138秒

   テレビCMは、佐川のある配達員の「この仕事をひと言で言えば、想いをつなぐ仕事」との言葉をコンセプトに制作された。

   登場人物は、和菓子職人の父と結婚を控える娘だ。娘の結婚に猛反対して結婚式に出席しなかった父だが、当日に「贈り物」を佐川の配達員に託し、受け取った娘が涙する――。

   テレビCM(30)が11月22日に全国放送開始となったのに先立ち、21日にユーチューブ佐川急便公式チャンネルで長尺版(138秒)が公開された。こちらは父と娘、そして配達員の3人それぞれの表情や動きが丁寧に描かれ、SNSで話題を呼び、感動の声が続々上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中