2018年 12月 12日 (水)

AI専用のデュアルプロセッサー搭載 ファーウェイ「Mate 20 Pro」

印刷

   モバイル機器などを手がけるファーウェイ・ジャパン(東京都千代田区)は、フラッグシップモデルのスマートフォン「Mate 20 Pro」を2018年11月30日に発売した。

  • 8コアCPU+デュアルNPUによるパワフル&スムーズな操作性
    8コアCPU+デュアルNPUによるパワフル&スムーズな操作性
  • 8コアCPU+デュアルNPUによるパワフル&スムーズな操作性
    8コアCPU+デュアルNPUによるパワフル&スムーズな操作性

「Leica」トリプルカメラとAIプロセッサーによる高画質撮影

   8コアCPU(プロセッサー)「Kirin 980」とAI(人工知能)専用のデュアルNPU(ニューラル・プロセッサー)を搭載し、高い処理能力と機械学習によるパワフルかつスムーズな動作を実現したという。

   背面に約2000万画素超広角・約4000万画素広角・約800万画素3倍望遠の「Leica」トリプルカメラを備え、AIプロセッサーの組み合わせによる高画質撮影が可能だ。AIが1500以上のシーンを認識し最適なモードを自動設定。簡単に高精細で美しい撮影ができる。前面カメラは約2400万画素。

   縦横比19.5:9の約6.39型2K+(3120×1440ドット)有機ELディスプレーを搭載。本体はカーブを施し片手でも持ちやすいという"カーブボディ"を採用。IPX8防水、IP6X防塵仕様となっている。

   ディスプレーをタッチする「イン・スクリーン指紋認証」、「3D顔認証」を装備。バッテリー容量は4200mAh。別売の「15W HUWAEIワイヤレスクイックチャージ」を使用すれば、本機から「Qi(チー)」規格に対応したデバイスへのワイヤレス給電が可能だ。

   OSは「Android 9」に独自ユーザーインターフェイス「EMUI 9.0」を組み合わせる。メモリーは6GB、内蔵ストレージは128GB。外部ストレージにmicroSDカードより45%小さいという独自規格「NMカード」(最大256GB)を採用する。SIMスロットはnanoSIM×2。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポートする。

   カラーはミッドナイトブルーとトワイライトの2色。

   市場想定価格は11万1880円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中