2018年 12月 16日 (日)

京都発、もなか×チョコレート「もなかかお」 関東で買えるのは成田空港だけ

印刷

   ロマンライフ(京都市山科区)が展開する京都北山マールブランシュのチョコレート専門店「加加阿365」は、もなかの皮とチョコレートを合わせた菓子「もなかかお」を2018年12月12日に発売する。

  • 12月12日発売「もなかかお」
    12月12日発売「もなかかお」
  • 中にはジャンドゥーヤが挟まれている
    中にはジャンドゥーヤが挟まれている

和と洋のテイストを併せ持つ、「和魂洋才」の一品

   本品は、国産のもち米100%を使って焼き上げた2色のオリジナルもなかの中に、自社焙煎のアーモンドのペーストと、チョコレートを混ぜ合わせた「ジャンドゥーヤ」が挟まれており、ロマンライフによると「和魂洋才」の一品だ。表面には、ひらがなの「も」の文字と、カカオと稲穂が描かれている。

   価格は3個入り648円、6個入り1296円、10個入り2160円(いずれも税込)。購入は「京都市東山区のマールブランシュ加加阿365祇園店」、京都市北区の「マールブランシュ京都北山本店内加加阿365ショップインショップ」のほか、成田国際空港でも可能だ。発表資料によると「加加阿365」が地元の京都を離れ、関東に「もなかかお」のブースを常設するのは今回が初だという。



(12月13日13時追記)「加加阿365」は「もなかかお」を一時販売休止すると、12月12日にウェブサイトで発表した。パッケージデザインに不備があったためで、販売再開時期は12月下旬を予定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中