2019年 10月 18日 (金)

辻ちゃん三男「幸空」読める? 「キラキラネーム」2018年もすごかった

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「名前は『幸空』と書いて、『こあ』と読みます」

   タレントの杉浦太陽さん・辻希美さん夫妻が2018年12月13日、インスタグラムで今月生まれた三男の名前を発表した。ネットでは「おめでとうございます」、「可愛い」といった祝福の声が上がっているが、「よめないね」、「期待を裏切らないキラキラネーム」などの指摘も多い。

  • 辻希美さん(2015年7月撮影)
    辻希美さん(2015年7月撮影)

「四駄霊(よだれ)」に「凱宙(がいちゅう)」

   一般的な名前や読み方と大きく異なるキラキラネーム。今回のように著名人や芸能人が子どもに個性的な名を付けると、特に注目を集める。最近では、タレントのりゅうちぇるさん・ぺこさん夫妻が長男を「リンク」と命名すると発表した際も心配や批判があった。J-CASTニュースでも今年5月2日に「ぺこ&りゅうちぇる長男 キラキラネーム議論も『字画』最強だった」という記事で、キラキラネームを巡る議論について触れている。

   最近ではどんなキラキラネームがあるのか。ウェブサイト「赤ちゃん命名辞典」を見てみると、「キラキラネーム」というページで「四駄霊(よだれ)」、「姫心愛(ぴゅあ)」、「笑福(えふ)」、「初一音(はいね)」など、難読漢字よりも読めない名前が紹介されていた。

   子供の名前決め・名付け支援サイト「赤ちゃん命名ガイド」の「最近登録された男の子・女の子の名前」欄にも、キラキラネームがずらりだ。12月14日分だけでも、男の子だと「凱宙(がいちゅう)」「溢仁(いっと)」、女の子なら「七葵(なぎ)」「照葉(ては)」などがある。そのほか、「瑚乃蔵(このぞう)」「藤兵衛(とうべえ)」といったかなり古風な名前も。

   杉浦太陽さんは、三男に「幸空」と名付けた理由について、

「我が家の子どもたち全員に、『空』という字が付きます これには、『空を見上ると、いつも太陽が見守ってる』 そんな意味を込めての『空』でもあります」

とインスタグラムで明かしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!