2019年 1月 19日 (土)

光学65倍ズームレンズ搭載、高倍率モデル キャノンのコンデジ

印刷

   キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot(パワーショット) SX70 HS」を2018年12月20日に発売する。1台で超広角から超望遠、マクロ(接写)撮影まで幅広く対応したという高倍率モデル。

  • コンパクトながら超広角、超望遠
    コンパクトながら超広角、超望遠

スマホやPCとの連携も充実

   高精度でブレを抑制する最新の映像エンジン「DIGIC 8」、有効画素数が最大約2030万画素のCMOSセンサー、広角21ミリ~望遠1365ミリ相当までをカバーする光学65倍ズームレンズ、デジタルズームを進化させた「プログレッシブファインズーム」機能の組み合わせにより、様々な画角で撮影を楽しめる。

   ズーム時に被写体の捕捉をサポートし、被写体の大きさをキープしながら撮影可能な「フレーミングアシスト」を搭載。AF(オートフォーカス)/AE(自動露出制御)連動で毎秒最高約5.7コマ、同固定で毎秒最高約10.0コマと、従来と比べ連写性能を向上。加えて4K動画や4Kタイムラプス動画の撮影にも対応し、静止画の切り出しも可能だ。

   専用アプリ「Camera Connect」をインストールしたスマートフォン(スマホ)と連携し、Wi-Fi接続で撮影と並行してスマホへ画像を自動送信できる。またBluetooth(ver.4.1)によるスマホとの常時接続を実現し、リモコン操作のほか電源がオフでもスマホからカメラ内の画像をチェックできる。

   パソコンへの自動画像送信アプリ「Image Transfer Utility 2」にも対応し、ペアリングしたパソコンへ差分データのみを自動送信可能だ。

   本格的なファインダー撮影が可能な約236万ドット有機ELパネルを採用した0.39型EVF(電子ビューファインダー)を内蔵。接眼部には新たに「アイセンサー」を装備し、ファインダーとライブビュー表示を自動で切り替えられる。またグリップ部や電子ダイヤルなどの操作系の配置も見直しを図っている。

   ネックストラップ、レンズキャップ、バッテリーパック、バッテリーチャージャーが付属する。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中