2019年 1月 19日 (土)

「uni」60周年記念  鉛筆のようなおもむきのボールペン

印刷

   三菱鉛筆はキャップ式ボールペン「LAYERED(レイヤード)」を2018年12月19日に数量限定で発売する。

  • 鉛筆の層構造を採用したデザイン
    鉛筆の層構造を採用したデザイン

筆記具としての使い心地を追求

   同社を代表する鉛筆「ユニ」の発売60周年を記念して開発。金属と樹脂で鉛筆の層構造(レイヤード)を表現した、キャップ式のボールペンだ。鉛筆作りの歴史にインスパイアされたといい、ボールペンながら鉛筆のようなおもむきも併せ持つ。

   ステーショナリーグッズなどを手がけるプロダクトブランド「ポスタルコ」のデザイナーである、マイク・エーブルソン氏の協力のもと誕生。「鉛筆のおもむきと、ボールペンの使い勝手良さの融合」をコンセプトに、同社の精密な金属加工技術を採用することで、筆記具としての使い心地を追求したという。

   軸は1本の金属棒から削り出しており、金属部分の表面には硬度の高い皮膜を施した。樹脂部分は着色した樹脂を使用しているため、表面を傷つけても色が剥げることはない。また、指にフィットしやすいよう、樹脂の表面には微細な凹凸が施されている。キャップは磁石が吸いつくかのように閉めることが可能だ。

   国際規格に準拠した、金属製の「ジェットストリームインク」のリフィルを搭載。なめらかな書き心地で、速乾性にも優れている。替芯のボール径は0.38ミリ、0.5ミリ、0.7ミリの3種類を展開中。

   化粧箱は鉛筆の軸と同じ六角形の貼り箱で、一つひとつ手作業で作られているという。貼り箱をくるむ紙に印字されたロゴも、職人の手による活版印刷仕上げだ。

   ラインアップはブラック・ネイビー・バーガンディ、価格は2万円(税抜)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中