2019年 1月 23日 (水)

2019年は「炎上しない」年に 12月27日に新潟・国上寺の住職が供養

印刷

   2018年はスポーツ界のパワハラ問題、企業のデータ改ざん問題などといった不祥事が各界で頻発し、いわゆる「炎上騒動」が目立った。

   旅行会社「イー・ピー・アイ・トラベル」(本社・東京)は、12月27日に「炎上供養バスツアー」を開催する。

  • 供養イメージ
    供養イメージ
  • 国上寺
    国上寺
  • 「炎上供養バスツアー」のスケジュール
    「炎上供養バスツアー」のスケジュール

住職「企業からの炎上供養の依頼が増えている」

   ツアーの目的地は、新潟県燕市国上にある国上寺だ。国上寺は今年10月に「炎上供養サイト」を開設。炎上してしまった出来事や投稿と、個人間の小さな炎上から社会的に問題になってしまったケースまで広く募集し、国上寺の住職が供養している。

   12月27日は国上寺で、2018年起こった炎上の供養に加えて、2019年に炎上が起こらないようにするための祈祷や説法を行う。

   バスは東京駅を朝8時に出発。移動中のバスでは、お経が流れる。12時20分ごろ国上寺に到着すると、その場でオリジナル精進料理の弁当で昼食。その後、炎上供養などを終えて15時半に出発し、20時までに東京駅に戻る。

   国上寺の住職は、ツアー開催にあたり、以下のようにコメントを寄せている。

「炎上供養を執り行うようになって以降、最近では企業などで炎上供養の依頼が増えており、東京などでの出張も行なっています。それだけ"炎上"という言葉に対する社会の意識が高いということだと思いますので、お寺が出来ること、我々として出来ることを真剣に考えていきたいと思います」

   ツアーの定員は40人。価格は1人1万9800円。

   詳細・申し込みはイベント特設ウェブサイトへ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中