2020年 10月 24日 (土)

【2018年トレンド総決算:eスポーツ】アジア大会で採用、人気開花で次の段階へ

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

リアルのスポーツ同様に興行として成り立つには

   eスポーツの認知度が高まり、スポーツ競技と認識されるようになった点では、18年が「開花」した年だったと言えよう。だがコナミは、事業の柱となるような規模に育てるのはこれからで、現在はまだ投資段階と位置付ける。

   eスポーツでは「スポンサー・広告収入」「チケット販売」「グッズ販売」「放映権料」「著作権許諾収入」が主な収益源だ。現状ではこれらの収入が、リアルのスポーツと同じように興行として成り立つほどではない。

「まずは大会の主催を通じて、IPのファン、視聴者、競技人口を増やして競争力を高める。そうすれば競技として見ごたえが出てきます。競技レベルや人口がある程度整ってから、ビジネス面の段階に入っていけると考えています」

と車田氏。加えてゲーム開発の強化も重要だ。

「eスポーツの競技や大会だけが先行してもだめで、結局は競技タイトルありきです。今後は競技性をより高め、観戦するだけでも楽しいeスポーツ向けのタイトル作りも進めていきます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!