2019年 5月 25日 (土)

声を録音・編集して送受信できるガジェット「しゃべクル」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   タカラトミーは、録音・通信遊びガジェット「しゃべクル」を、2018年12月27日に全国の玩具店およびインターネット通販などで発売開始。

  • 工夫次第で遊び方広がる
    工夫次第で遊び方広がる

通信回線不要、半径約30メートル以内で送受信可能

   1996年に発売し、累計100万個以上を販売した「しゃべ録」シリーズのパワーアップ版。自分の音声の録音・編集や効果音の追加、ボイスチェンジなどのほか、音声を送受信できる機能を搭載。「しゃべくる」「ラップ」「2人以上専用」3つのモードを備える。

   半径約30メートル以内にある最大20台までの同機と音声の送受信が可能で、通信回線や無線LANなどへの接続は不要。どこでも気軽に使用でき、メッセージのほかクイズを出し合ったり、"かくれんぼ"や"鬼ごっこ"といった普段の遊びをさらに楽しくさせるなど、工夫次第で遊び方が広がるという。

   また、音声を音楽に合わせてリズミカルに再生したり、逆再生などの編集も可能だ。

   価格は、色違いの「しゃべクル」を各1個ずつ同梱した「しゃべクル (ブルー&オレンジ)」、「しゃべクル (グリーン&ピンク)」が各3800円(税別)。単品の「しゃべクル (イエロー)」「しゃべクル (パープル)」が各2000円(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中