2019年 1月 19日 (土)

世界各地の景色を4Kで楽しめる 55型サイズ「デジタル窓」

印刷

   IoT(モノのインターネット)製品などを手がけるアトモフ(京都市)は、デジタル窓「Atmoph Window Up AW501」を2019年4月以降に順次発売するのに先だち、18年12月20日に予約受付を始めた。

  • 美しい景色とともに空気もチェック
    美しい景色とともに空気もチェック

CO2濃度をモニタリングする機能を搭載 空気の質もチェック

   従来モデルの約4台分の大きさだという125×70センチの約55型サイズ「デジタル窓」。4K液晶パネルを新搭載し、独自に4K撮影を行った800以上の世界各地の景色とサウンドを、窓のない部屋などでも楽しめる。

   最大3台まで接続し、パノラマ視聴にも対応。またCO2センサーを内蔵し、室内の温度・湿度に加え、二酸化炭素の濃度をモニタリング可能。CO2濃度が上昇する前に換気を促すほか、換気が不十分で体に影響が出る数値ではアラートで通知する。

   IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANをサポート、5ワット・フルレンジスピーカーを搭載。リモコンが付属する。カラーはホワイト。

   価格は59万円(税別)。月額プランも新たに用意する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中