2019年 10月 18日 (金)

年末年始に家族や仲間と遊ぼう 「ボードゲーム」ランキングトップ5

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   年末年始、職場の仲間や家族と「ボードゲーム」を楽しむ人もいるのではないだろうか。

   カラオケ事業を営む「ニュートン」(本社・東京)が2018年11月30日、「2018年ボードゲームランキングTOP5」を発表した。人気のゲームを見てみよう。

  • 1位「ナンジャモンジャ」
    1位「ナンジャモンジャ」
  • 2位「スコットランドヤード」
    2位「スコットランドヤード」
  • 3位「人狼DX」
    3位「人狼DX」
  • 4位「枯山水」
    4位「枯山水」
  • 5位「テストプレイなんてしないよ/黒」
    5位「テストプレイなんてしないよ/黒」

記憶力と反射神経が決め手の1位は...

   ランキングは、同社が運営する「パセラリゾーツAKIBAマルチエンターテインメント店」(東京都千代田区)で遊べるボードゲーム176個の中から、利用頻度の高かった順で作成された。

   第1位は「ナンジャモンジャ(緑)」。カードを山札にして1人ずつめくり、プレイヤーは順番に引いたカードに描かれたキャラクターに名前を付け、山札の隣に重ねていく。一度出た絵柄の場合は、カードを引いた人を含め、その場で最も先に名前を叫んだ人が、それまでに溜まったカードをもらうことができる。山札が尽きたときに、集めた枚数が多い人が勝者となる。想定プレイ人数は2~6人、プレイ時間は15分だ。

   第2位は「スコットランドヤード」。ボード上で逃げる「ミスターX」(1人)を「刑事」(1~4人)が追いかけるゲームだ。ボード上の移動手段にはそれぞれ制限があり、タイムリミット(最大24ターン)までに逃げ切れたらミスターXが勝ち、途中で捕まったら刑事側全員が勝者となる。想定プレイ時間は45分。

   第3位は会話型心理ゲームの定番「人狼DX」。市民を装う「ウソつき」(人狼)を会話から見つけ出す。市民チームの中には、一般市民のほかに「占い師」「狩人」「霊能者」といったゲームを有利にすすめる特殊能力をもった役職もあり、プレイ人数に合わせてカスタマイズできる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!