2019年 1月 17日 (木)

バレンタイン向け「チョコビール」4種 2019年限定はバナナチョコ

印刷

   地ビールメーカーのサンクトガーレン(神奈川県厚木市)は、バレンタイン向けのチョコレート風味ビール4種を、2019年1月10日に発売する。

  • バナナチョコレートスタウトが手に入るのは19年だけ
    バナナチョコレートスタウトが手に入るのは19年だけ

ダークな茶色とビターチョコのようなほろ苦い風味

   通称"チョコビール"と呼ばれているが、チョコレートは使用していない。通常よりも高い温度で麦芽を焙煎することで、ダークな茶色とビターチョコのようなほろ苦い風味を再現した。

   「インペリアルチョコレートスタウト」(660円)は、まるで「飲むチョコレートケーキ」のような濃厚な味わいだという。6年からバレンタインシーズン限定で発売している、チョコビールの代名詞的な1本だ。

   「バナナチョコレートスタウト」(500円)は、19年だけの限定フレーバーとなる。手作業で皮むきしたバナナを約300キロ使用。高カカオのリッチなチョコレートでつくった、ワンランク上のチョコバナナビールだ。

   「オレンジチョコレートスタウト」(500円)は、オレンジピールにチョコレートをコーティングした菓子「オランジェ」がモチーフ。マーマレードの原料となる、神奈川県産の橙オレンジを長時間煮込むことで風味を凝縮し、麦汁にブレンドして発酵させた。マーマレードのような柑橘の皮の苦味を後味として楽しめる。

   「スイートバニラスタウト バレンタインラベル」(429円)は、一流パティシエも使用するというパプアニューギニア産のA級グレードバニラを使用。甘くまったりとした飲み口で、後口はバニラチョコのようだという。

   価格はいずれも税抜。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中