2021年 4月 19日 (月)

【超大胆予測!2019年はこうなる(1)】宝島社「このマンガがすごい!」編集長の大注目漫画

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「2018年はまさに石黒イヤーでした」

   薗部氏個人の「おすすめ」も聞いた。まず1冊目は、石黒正数氏の「天国大魔境」。大災害に見舞われて荒廃し、魔境と化した日本で"天国"を探す少女・キルコと少年・マル、そして隔離された近未来的な施設で暮らす少年・トキオらを軸に展開するSF冒険譚だ。キルコらとトキオの世界は同じ時間軸なのか、マルとトキオの顔が似ているのには理由があるのかなど、現時点では謎が多い。

「『このマンガがすごい!2019』オトコ編ランキング第1位にランクインした作品ですが、じつは、石黒先生が関わった作品は、『このミステリーがすごい!2019年版』にも入っており、2018年はまさに石黒イヤーでした。2巻に収録予定の話で衝撃の事実も発覚します! 丁寧に張られている伏線に、"探偵脳"を駆使して立ち向かうべし」

   天国大魔境は講談社の漫画雑誌「アフタヌーン」にて連載中。19年3月22日に単行本第2巻の発売を予定している。石黒氏はミステリー小説をランキング形式で紹介するガイドブック「このミステリーがすごい!2019年版」(宝島社)のベスト20に入った、似鳥鶏氏の『叙述トリック短編集』のカバーイラストも担当した。ミステリーの伏線や奇抜なアイデアに定評のある石黒氏は、このカバー・帯にもある"仕掛け"を施しているという。

   もう1冊は、稲井カオル氏の「うたかたダイアログ」。ドラッグストアでアルバイトをする女子高校生・宇多川と、男子高校生・片野の軽妙なかけあいを中心に展開していくラブコメディーだ。

「現代的なこのテンポ感には、"マンガ話芸"の新しい可能性を感じています。なんだかんだで、2人が仲良しなのもいいですね」

   白泉社の漫画アプリ「マンガPark」にて掲載。19年1月18日に単行本第3巻(最終巻)の発売を予定している。

薗部真一(そのべ・しんいち)
宝島社第2書籍局第2編集部編集長。"その年一番面白いマンガ"をランキング形式で発表するガイドブック「このマンガがすごい!」、マンガの総合ウェブサイト「このマンガがすごい!WEB」の編集も統括している。主な担当書籍には魔夜峰央氏のマンガ「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(2019年2月22日実写映画公開予定)、是枝裕和氏の小説「万引き家族」(2018年6月映画公開)がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!