2019年 10月 15日 (火)

お守り「複数持ち」でご利益に影響? ソボクな疑問に神社本庁が答えた

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   厄除けや招福、縁結びなど、ご利益があることを願って持つ「お守り」。旅先で神社を回り、行く先々で記念にとお守りを求める人もいるだろうが、その場合神様同士が「ケンカ」をしてご利益に影響が出ることはないのか。

   J-CASTトレンドではこのほど、全国にある約8万社の神社を包括する神社本庁に電話取材した。

  • お守りは複数持っていても大丈夫?(画像はイメージ)
    お守りは複数持っていても大丈夫?(画像はイメージ)

お守りの取り扱い方として「望ましくない」こととは

「神様のことなので、人間の立場からあれこれ言えることではありませんが、お守りを複数持っていても『神様同士がケンカするということはない』と考えていただいてよろしいかと思います」

   神社本庁教化広報センターの担当者からこのような回答が得られた。1つでも複数でも、持っているお守りは身に着け、持ち歩いてよいという。ただ「たくさん持っていれば大丈夫」と数に頼むような考え方は望ましくないとの話だった。

   お守り袋の中に入っている「内符(ないふ)」(編注:神社によって呼び方が異なる)をのぞき見る行為も避けるべきだ。その理由を前出の担当者は「お守りは尊いご存在です。しまわれているものをみだりに見るのは望ましくない」と説明した。

   一度手にしたお守りはいつ、どのように手放すことが正しいかも尋ねた。担当者は、1年経ったら神社にある「古札納所(こさつおさめしょ)」という、古札やお守りを納める場所に持っていくのが一般的であるとしながらも、

「合格祈願や縁結びなどの願いが叶ったときに、もし叶わなくても一定の区切りがついた際に『ありがとうございます』という思いを込め、お返しください」

と付け加えた。また、お守りは授かった神社に納めるのが最も丁寧だが、住まいから遠い場合やなかなか足を運べない旅行先だった場合は、近くの神社でも差し支えはない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中