2019年 7月 23日 (火)

71歳でエージシュート!元サラリーマンが書いた「うまくなるゴルフのツボ」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   定年退職後、オーストラリアにゴルフ修行に出た元サラリーマンの岡村徹さん(77)がサラリーマンのために、『飛ばなくても90を切るすごいゴルフ術』(KADOKAWA)を出版した。

   オーストラリアでゴルフを基礎から学びなおした岡村さんは、71歳で見事エージシュートを達成、プロの指南書にはないアマチュアならでは視点からスコア90を切るゴルフ術を具体的に教えてくれている。

具体的な技術を教えてくれる

   60歳で定年退職した岡村さんは、オーストラリアにあるゴルフアカデミーAGAに短期留学、プロ志望の若者のなかに混じって基礎から学び直した。その後、米ツアーで活躍する女子プロ、エイミー・ヤンを育てたローレンス・モンタギュー氏(通称ローリー)のレッスンを受けた。

   本書はローリーの教えと岡村さんの実戦に基づいた内容が中心となっている。たとえば、ローリーの教えの中に「ショートゲームに時間を割きなさい」があるが、岡村さんは第1章で「ショートゲームを磨けばスコアが10以上縮まる理由」を書いている。そのためのチップショット、ピッチショット、バンプエンドランなどのやり方を図解入りで分かりやすく紹介している。

   こうした技術論だけでなく、メンタル面の工夫、アベレージゴルファーのためのクラブの選び方、「体・技・心」の整え方、など上達へのツボを具体的に書いている。プロの指南書とはひと味もふた味も違う内容で、スコア改善をめざすアマチュアにはうってつけかもしれない。

   定価1400円(税別)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中