2019年 10月 14日 (月)

カラーとモノクロの2層ディスプレー アウトドア向けリスト端末

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   カシオ計算機は、アウトドア向けリストデバイス「PRO TREK Smart(プロトレック・スマート) WSD-F30」を2019年1月18日に発売する。

  • 「2つの顔」を持つリストデバイスがさらに進化
    「2つの顔」を持つリストデバイスがさらに進化

カラーは有機EL採用、モノクロは高度・気圧・方位の一括表示可能

   オフラインのカラー地図、GPS機能が長時間使える「エクステンドモード」を新搭載したほか、従来モデルから縦横3.9ミリ、厚さ0.4ミリのサイズダウンを実現。

   「エクステンドモード」では、通常はモノクロ画面で時刻とセンサー情報を、ボタンを押すとカラー地図を表示するほか、あらかじめ設定したスケジュールに沿い、睡眠中は自動的にスタンバイ状態に切り替えるなどして消費電力を抑えられる。約3時間の充電で最大3日間のアクティビティーで活用できるというリチウムイオン電池を内蔵する。

   タッチ対応1.2型(390×390ドット)、カラーとモノクロ画面を重ねた独自の2層ディスプレーはカラー画面に有機ELを採用し、情報をより精細に表示できる。また、時刻のみを表示していたモノクロ画面も一新し、高度・気圧・方位の一括表示が可能になった。モノクロ画面のみを表示する「マルチタイムピースモード」では、約1か月の電池寿命を実現した。

   OSは「Wear OS by Google」。5気圧防水、米国防総省が制定した「MIL-STD-810G」準拠の耐低温仕様。IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1をサポート。

   カラーはブルー、オレンジ、ブラックの3色。

   価格は6万1000円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中