2019年 1月 16日 (水)

「ファイナルファンタジーXIV」推奨のサウンドバー

印刷

   パナソニックは、スクウェア・エニックスのゲーム「ファイナルファンタジーXIV」推奨のサウンドバー「SC-HTB01」を2019年1月25日に発売する。

  • ゲームプレイはもちろん、映画やハイレゾ音源も迫力のサウンドで楽しめる
    ゲームプレイはもちろん、映画やハイレゾ音源も迫力のサウンドで楽しめる

没入感を高める3つの「ゲームモード」を搭載

   ゲームのリアリティーを体感できる音場を追求し、同ゲームのプレイにおいて検証基準を満たしたという。幅43センチ、高さ5.2センチのコンパクトな一体型設計で、パソコンのモニターやテレビの前に置いても視聴の邪魔にならず、快適にゲームや映画を楽しめる。

   スクウェア・エニックスと共同開発したという、ゲームの世界観や空気感を存分に体感できる3つの「ゲームモード」を搭載。RPG(ロール・プレイング・ゲーム)などに適した「ゲーム1」は、ゲームの世界の中にいるかのような臨場感や迫力を楽しめる。FPS(1人称視点シューティング)やTPS(3人称視点シューティング)に適した「ゲーム2」は、正確な音の定位感が得られ、足音が聴き取りやすい。ボイス強調モード「ゲーム3」は、人の声が聴き取りやすく、シナリオに没頭できる。

   発表資料によると、「Dolby Atmos」「DTS:X」「DTS Virtual:X」3つの技術を世界で初めて採用した。前後左右に加え高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響を楽しめる。

   映像フォーマットは4Kパススルーに対応し、4Kレコーダーやプレーヤーなどの機器から受け取った4K/HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)の映像信号をテレビに送信可能。サウンド面ではCDを超える高解像度「ハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源」に対応するほかBluetoothも搭載し、スマートフォンに保存した音楽をワイヤレスで再生できる。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中