2019年 1月 16日 (水)

非常食にも 常温保存できる「絹ごしとうふ」「お料理向き 森永とうふ」

印刷

   森永乳業は、「森永 絹ごしとうふ」「お料理向き 森永とうふ」を、2019年1月22日に宅配専用で発売する。

  • 災害時の貴重なたんぱく源として
    災害時の貴重なたんぱく源として

2018年に「無菌充填豆腐」の常温販売が解禁

   常温保存ができる豆腐。賞味期限は製造から6.4か月(195日)で、普段使いはもちろん災害時の非常食としても利用可能だ。

   「森永 絹ごしとうふ」は、豊かな大豆の香りとなめらかな食感が特徴。「お料理向き 森永とうふ」は水切り不要で、加熱調理でも煮崩れしにくい。また、特許出願中の新たな豆腐製造技術により、大豆たんぱく質の量を「森永 絹ごしとうふ」と比較し約10%アップ。豆腐のおいしさとしっかりとした食感を味わえる。

   パッケージには華やかな和柄模様をあしらっており、贈答品としても利用可能だ。

   1989年に発売を開始した「森永 絹ごしとうふ」は、保存料不使用ながら、おいしさと鮮度をキープしつつ長期保存できる宅配専用商品として、多くのユーザーから愛されてきたという。これまで豆腐は冷蔵での販売が義務付けられていた。しかし、2018年に規格基準と食品表示基準が改正され、「無菌充填豆腐」の常温販売が解禁されたことから、今回の発売に踏み切ったという。

   希望小売価格は1ケース12丁入りで各1740円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中